「ながら運転」が罰則強化されます

ながら運転
2019.11.13 ながら運転1

近年、運転中の「ながらスマホ」による交通事故が増加しています。「ちらっと画面を見るくらいなら大丈夫」と思うかもしれませんが、その一瞬の油断が悲惨な交通事故を招いています。こうした中、道路交通法が改正され、令和元年12月1日から、運転中の「ながらスマホ」に対する罰則が厳しくなります。運転中にスマホ等を使用しなければならないときは、必ず安全な場所に停車してからにしましょう。(出典:政府広報オンライン


令和元年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数は、2,645件で増加傾向にあり、カーナビ等を注視中の事故が多く発生しています。また、携帯電話使用等の場合には、使用なしと比較して死亡事故率(注)が約2.1倍でした。(出典:警察庁

厳罰化の内容は?

令和元年12月1日から厳罰化されますが、具体的にはどのように変わるのでしょうか。

例えば、携帯電話などを使用していた場合の違反点数は、今まで1点だったものが今後3点になります。また携帯電話を使用していて事故を起こした場合になると、2点から6点へと引き上げられ、いずれも点数だけで言うと3倍ほど強化されると言えます。
また反則金などもそれぞれ増額されています。(下図参照)

いずれにせよ、スマホを使って事故を起こしてしまった場合は一発免停のうえ刑事罰が適用されます。それだけスマホやナビに気を取られている瞬間が事故の危険性が高いということなのでしょう。

携帯電話使用等(保持)

改正前

罰則5万円以下の罰金
反則金6,000円(普通車)
点数1点

改正後

罰則6ヶ月以下の懲役または
10万円以下の罰金
反則金18,000円(普通車)
点数3点
携帯電話使用等(交通の危険)

改正前

罰則3ヶ月以下の懲役または
5万円以下の罰金
反則金9,000円(普通車)
点数2点

改正後

罰則1年以下の懲役または
30万円以下の罰金
反則金摘要なし
点数6点